社員紹介

ニュートンの社員たち
ニュートンの社員たち
ニュートンの社員たち

お酒の飲めないソムリエです

当初アルバイトとして働き始めましたが、その時取得した「ソムリエ」の 資格を活かせる場としてそのまま社員としてニュートンへの入社を決めました。

ソムリエといってもホールサービス、パーティーキャプテン、HPや対外的媒体のメンテナンスと、行う業務は多岐にわたります。
当然ですが、ソムリエという資格だけでやっていけるほど甘くはありませんね。

入社時はものすごい忙しさで、一週間で「辞めさせてください」と言った記憶があります(苦笑)。
ただその時忙しいながらも必死に頑張って仕事を覚えて"インプット"をしっかりできていたからこそ、現在部署が変わり忙しい時でもしっかり対応でき、部下への指導など的確に"アウトプット"ができていると感じています。

現在の私は「学んだこと=インプット」と「それを仕事で発揮する=アウトプット」のバランスがとても上手くできていると思います。
勉強したことや経験したことを活かして仕事をする、というサイクルは非常に重要ですしその繰り返しがスキルアップに繋がっていくというのを実感していますね。

ニュートンの社員たち

接客の基本はコミュニケーション!

最初に勤務していたレストランでアルバイトのときにソムリエの資格を取ったのですが、そのままにしては宝の持ち腐れです。
社員になった後,その資格を活かす方法として、レストランでの「ワインセミナー」を提案しました。

とんとん拍子に話は進み、他にもソムリエの方はいたのですが結局言いだしっぺの私がセミナーを担当することになりました。
提案した人間に任せてくれるのは大きなプレッシャーがありますが(汗)、前向きに捕らえれば非常にやりがいがありますね。
そしてこれがこの会社の特長であり、チャンスはそこら中に転がっていると思います。

セミナーの講師というのは当然初めての経験だったので、最初は戸惑いましたが、やってみると大切なのはワインの知識ではなく(もちろんこれも重要ですが)、お客様とどれだけ上手くコミュニケーションができるかということが一番重要でした。

セミナー受講者の方にはすごく期待して来られる方、興味半分で来られる方と様々です。そういったお客様皆様に楽しんで頂くためには、それぞれのお客様の興味のある"ポイント"をコミュニケーションをとることで探っていき、その場の状況に合わせて会話の内容を変えていく臨機応変さが必要です。

そこで覚えたお客様との会話のテクニックは、その後の仕事に非常に役に立っていますね。

ニュートンの社員たち

可能性をつぶさない

私の今までの人生は、協調性がなく、団体行動が苦手な人間でした。また人前で話すことなんて絶対にしない(できない)人間でした。

しかし会社で働けばそんなことは言っていられません。
お客様のパーティーを成功させるためにはチーム全員の協力が必要ですし、指示を出しまとめていくにはたくさんの人の前で自分の考えを伝えられなればいけません。

自分の不得意なことでしたが、いざやってみるとどうにかなるものです(笑) 「苦手」というだけで自分の可能性を自分自身でつぶさないでほしいですね。

そしてこの会社はそんな自分の可能性を、意思さえあればいくらでも克服し、伸ばしていける環境だと思います。
社会人として仕事のスキルを学びながら、同時に人間としても成長できる場だと思いますよ!

newton movie
>>動画をもっとみる
Newton Contents
Newton Group Business

パセラリゾーツ / カラオケ、レストラン、ウエディング事業 他
パセラリゾーツ / カラオケ、レストラン、ウエディング事業 他
グリンピース / アミューズメント事業

サンザリゾート / リゾートホテル事業 他(ニュートングループ企業)
サンザリゾート / リゾート・シティホテル事業 他
(ニュートングループ企業)

大阪・天王寺にバリリゾート誕生!